BLOG【楽屋的日常】

5/13(日)。大相撲夏場所の初日。今場所は前頭3枚目まで番付をあげた郷土力士の豊山の活躍が楽しみ。初日はベテラン千代大龍に一気に吹っ飛ばされてしまったが、これから初めて対戦する上位陣と互角に渡り合ってほしい。

 夜、菅原さんのアルトサックスソロプロジェクト、村上個人囃子による楽屋生音日曜版。菅原さんの演奏のほか、ゲスト的にさくちゃんが数曲弾き語ってくれる。最近は完全にサックスのみの生音で演奏を聴かせてくれる菅原さん。「マイ・フェバリット・シング」から「地上の星」まで、またこの夜も独自の選曲と機知に富んだダジャレで楽しませてくれた。

5/15(火)。有志3人が集まって、寺町「かつ春」で飲む。串カツ、チーズ入りカツ、豚の耳、鶏の唐揚げなどを肴に、冷や酒を数杯。数十メートル歩いて、「木馬」へはしご。馬鹿のひとつ覚えのように「木馬カクテル」と「ハワイ」を頼むが、毎回まちがいなくうまい。最後に「むらさき」で初孫の冷やをふたつ飲む。中骨まで柔らかいギスの煮つけがうまくて衝撃を受ける。ほぼ完全に意識を残した状態で帰宅。何とも健全な夜だった。

5/16(水)。夕方、相撲。「関脇の強い場所はおもしろい」という格言のようなものを、尾車親方から初めて聴く。今場所の関脇は、栃ノ心と逸ノ城。今場所のこのふたりは強い。たしかに熱戦が多く、おもしろい場所になってきている。とくに関脇栃ノ心は、大関取りのかかった場所。日々目が離せない。


5/18(金)。蒸し暑い日。たまらず楽屋で空調のドライ機能を作動させる。一人で楽屋へ来るのが初めてのお客さんと話していると、さらにもうおひとり、やはり一人で来るのが初めてのお客さんがご来店。すると、そのおふたりは会社の同僚であり、お互いに「何でここに?」と驚く。そのおふたりが同じ職場だったということに、わたしが驚いた。

 夜ふけ、ものすごいどしゃ降りになる。1時半ころ、突然iPhoneがキンコンキンコン騒ぎ出す。ミサイルかと思ったら、土砂災害警報だった。


5/19(土)。寒い日。夜、楽屋の灯油ストーブをつける。暑くなったり寒くなったり、気候のめちゃくちゃ度がますます増して来ている気がする。

5/9(水)。月曜に届いていた回転CDラックに、ようやくCDを収納完了。今まであったとがし氏特製のCD棚にAからJまでのアーチストのCDを入れ、今回増設した回転ラックにはKからUまでを入れる。残念ながら入りきらなかったV〜Zは、窓側の棚に行くことに。カウンターにみっともなく山積みにしていたCDをすべて収納し、爽快な気分になる。

5/10(木)。やはり月曜に届いていた雑誌ラックをやっと組み立てる。楽屋入り口の本棚をしまい、空いた場所にラックを設置し、新聞やチラシ、雑誌を並べることにする。今までカウンターの端っこに新聞や雑誌を並べてしまうことが多かったが、ようやくこれを解消して、気持ちがさらに少し晴れる。
5/11(金)。村上駅前の酒場、トークの最終日。0時ちょうどに楽屋を閉め、トークへ駆けつける。その夜は満席になるほど盛り上がったとのこと。わたしが行ったときには落ち着いた様子だったが、残った常連さんがまだまだ元気に飲んでいた。ちょうどご店主一弥さんが眠りから覚めたので、長年お疲れ様でしたと乾杯をする。

わたしの未成年時代、トークは純然な喫茶店だった。コーヒーを数回飲みに行った記憶があるが、薄暗くて何やら大人の空間という感じがしたものだった。それから年月を経て、一弥さんがパブトークとして夜の店に転換し、地元の常連客と旅人に愛されて来た。わたしはごくたまにしか行くことがなかったが、トークのとてつもなくゆるい雰囲気が好きだった。何ともさみしくなる。
5/12(土)。極度の二日酔い。昼ころ起きると、玄関先に大量のたけのことたらの芽が置かれていた。朝日の友人が朝届けてくれたものだった。いつも旬の味覚を届けてくれる友に感謝。夕方アンニャが腕をふるい、たらの芽ご飯、たけのこのみそ汁、たけのこ入り回鍋肉をこしらえてくれる。傑作。

5/5(土)。天田透トリオBlaubergの楽屋ライブ。千葉のフルート奏者、天田透さんと、新潟のドラマー本間克範さんと同じく新潟のベーシスト文河潤さんの3人から成るトリオで、楽屋では2度目の演奏となる。 スタンダードからお三方それぞれのオリジナル曲、はたまたこどもの日ということで「鯉のぼり」まで。迫力ある多彩なジャズに、大盛り上がりの夜だった。このメンバーでの共演はまだ4回目とのことだが、これからますます進化して行くトリオだと思う。

5/6(日)。せいのさんとさくちゃんのおふたりによる楽屋生音日曜版ダブル。しっとりしたさくちゃんのボサノバに続き、せいのさんの酔っ払いフォーク。いつもはベースとドラムスとのトリオでの演奏が主なさくちゃんだが、今回は久しぶりにソロで弾き語った。さくちゃんの原点を見た感じがして、何だか懐かしかった。せいのさんはいつものように、酒箱にすわった瞬間から独自の世界をかもし出す。「せいの正晃の世界」。「いのしし」という新曲を歌ったそうだが、残念ながらじっくり聴けなかった。歌詞が良さそうなので、次の機会にしっかりと聴きたい。


5/8(火)。土曜日にスウェーデンで行われた世界卓球女子団体の決勝を録画で観ながら、家でおとなしく飲む。不動の王者、中国と、かなり中国との差を縮めつつある日本の対戦。1試合目の伊藤美誠(みま)vs 劉詩雯(LIU Shiwen・りゅうしぶん)がすごかった。フルセットの激戦の末、伊藤美誠が劉詩雯を下す。これまで日本人相手に37連勝していたベテラン劉詩雯に17歳の伊藤美誠が勝ったことは、さらに一歩中国に近づいた証明とも言えるかもしれないが、それ以降の試合では中国のパワーに圧倒されて、1−3で敗北。実にくやしい酔いとなった。

5/1(火)。鶴岡から酒田まで歩く。約32km。所要時間、7時間34分。4月に鼠ヶ関から鶴岡まで歩き、歩き旅を再開。2011年新潟県を縦断して、2012年福島まで歩いてから、心臓を壊してしまい、しばらく長距離を歩くことを避けてきたが、一度に歩く距離を短くして今年からまた再開することにした。今年は鼠ヶ関から北上する予定。

朝、村上から電車で鶴岡まで行き、9時に歩き始める。鶴岡市内の車道から赤川沿いの道に避難し、静かな道を気持ちよく歩く。初めてまじまじと見る赤川にいやされる。三面川を少し大きくしたような、美しい川だった。

少し欲を出して、庄内町の中心、余目経由で歩くことにする。海沿いの最短距離だとおそらく22〜23kmくらいのところ、羽越線沿いに歩くと少し遠回りになる。昼食に庄内の有名店ケンチャンラーメンで食べてみたくて余目の方へ遠回りしたのだったが、なんと振替休日。ややダメージを受けながらも気を取り直して、近くに見つけた喫茶店で日替わりランチ。とてもうまくて健康的な食事で、ラーメンよりかえってよかったかもしれない。

酒田市に入るちょっと手前で、最上川が現れる。でかい。庄内大橋の上で、しばしぼーっと川を眺める。

暑い日だったので、思ったよりつらい。暑さのせいではなく、体力不足が本当の原因だろう。鶴岡酒田の郊外は田んぼが多く、ここが庄内平野だろうかと思いながら、のどかな農道をのんびり歩く。

17:35、酒田駅着。駅を見つけるこの瞬間がいつもうれしい。汗を流すべく、街の中心部にある宿を目指す。

宿に向かう途中、気になる酒場を発見。その名も「とらさん」。今回は少し宿より離れるので、またの機会にすることに。

夜、行ってみたかった「久村の酒場」へ初めて入る。何ともしぶいたたずまい。しかし中はお客さんであふれ返っており、残念ながらあまり落ち着いて飲むことができなかった。ビールひとつと初孫をふたついただいて、退散。「自慢あげ」という厚揚げがうまかった。

数回行ったことのあるジャズバー「リバティー」へはしご。相変わらず、居心地がいい。カリラを飲みながら、マスターご夫婦とあれこれ話す。ママさんの庄内弁にいやされる。看板猫の龍之介くん10歳も元気で何より。

5/2(水)。午前、土門拳記念館。前日歩いていて路上のポスターで知った特別展『昭和の目撃者〜林忠彦vs土門拳』を観る。著名な作家や役者を、林忠彦と土門拳がそれぞれ写した写真が2枚ずつ並べて展示してある。同時代に活躍したふたりが、それぞれの視点で撮った同じ被写体の写真。その写真についてのエピソードもそえられてあるが、ときには注文を出しすぎて作家から激怒されることもあったという。仕事で写真を撮るというのは、とくに人物を写すというのは、相当大変なことなのだろうと初めて思った。この記念館の庭からは運がいいと鳥海山がきれいに見えるが、あいにくこの日はまったく見えなかった。この庭で食べた庄内米「つや姫」のおにぎりが実にうまかった。

午後、電車で酒田から鶴岡へ戻る。前日歩いた道を窓から眺めながら、40分たらずで到着。宿に荷物を置き、バスで中古レコード店「CD Brain」を目指す。先月リニューアルオープンしたばかりの老舗のレコード屋で、セール中のためか、えらく安く売られていて驚く。約1時間、ゆっくり物色し、レコード5枚+CD4枚を購入。合計4370円。

夕方、新潟から電車でやってきたアンニャと合流。駅前の居酒屋「滝太郎」で夕食。うるいの天ぷらを初めて食べたが、うまくて意外だった。久しぶりに食べたしどけもよかった。

駅前からふらふら歩いて中心街を目指す。七日町通にある「南蛮居酒屋やぐ」に入ってみる。年配のご店主がひとりで切り盛りする老舗のバー。ワイシャツに蝶ネクタイというピシッとした装いのママさんは、今年82歳という。お薦めのカクテル「スカイ・ボール」がうまい。鶴岡に来たらぜひ寄りたい店となる。

銀座通り「Bar ChiC(シック)」へはしご。ジャズのライブを催しているバーで、名前は知っていたが入るのは初めてだった。名前の通り、とてもシックなバー。ちょうどこの5月と6月に、4月と5月に楽屋で演奏したミュージシャンがライブをするというのも、何だかうれしい。いつかこの店でライブも観てみたいと思う。

5/3(木)。あいにくの雨。「鶴岡まちなかキネマ」でドキュメンタリー『世界一といわれた映画館〜酒田グリーンハウス証言集』を観る。1976年に火事で焼けてしまった、グリーン・ハウスという酒田の映画館にまつわるさまざまなエピソードがおもしろい。映画を楽しむだけではなく、ショッピングや喫茶など、娯楽複合施設の先駆けのような存在だったというグリーン・ハウス。燃えていなければ、今ごろはどんな映画館だったのか。一度行ってみたかった。

鶴岡の映画館「まちなかキネマ」にも初めて行ったのは収穫だった。街の小さな映画館かと思って行ったら、スクリーンが4つもある映画館で、たくさんの老若男女でにぎわっていて驚いた。鶴岡がこんな元気な街とは知らなかった。これからもっと知りたいと思う。

4/27(金)。韓国と朝鮮の首脳会談。テレビで両首脳の満面の笑みを見たとき、いい方向に行くかもしれないと思った。文在寅が大統領にならなかったら、この会談は実現しなかっただろう。金正恩の声を初めて聞いて、彼も普通の人間なんだとやっと思えた。今まで世界の嫌われ者だった金正恩が、このチャンスを逃さなければいいのだけれど。

4/29(土)。昼、「しおやでJAZZ」と銘打たれたライブを聴きに行く。会場は村上市塩谷の醤油の醸造所だった「マルマス蔵」。敬和学園大学のビッグバンドJAZZ QUESTの演奏に始まって、名古屋のピアニスト高島田孝之さんとベーシスト古川真帆さんのデュオ、そして最後にJAZZ QUESTのメンバーと高島田さん古川さんによるセッションと、実に盛りだくさんの内容で、楽しい時間を過ごすことができた。

失礼ながら、JAZZ QUESTの演奏は想像していたよりずっと素晴らしかった。「A列車で行こう」「茶色の小瓶」「シングシングシング」などなど、ビッグバンドの定番曲から知らない曲まで、約1時間たっぷり楽しませてくれた。

続いて登場した高島田さんと古川さんの名古屋デュオは、まさにプロフェッショナルを思われる見事な演奏。高島田さんのピアノもさることながら、古川さんのベースがとにかくすごかった。流麗で音がでかく、スコットラファロばりのど迫力ベース。そのステージ映えのするパフォーマンスに、しばし見ほれてしまった。高島田さんの選曲もおもしろく、「とおりゃんせ」や「学生街の喫茶店」など、ジャズとは結びつかないような曲々をアドリブ満載で聴かせてくれた。

会場のマルマス蔵には初めて入ったが、こんなところが塩谷にあったのかと驚かされた。こういったジャズのライブは初めての企画だったようだが、ギターの弾き語りなどのライブは開かれているとのこと。これからもいろいろなライブを企画していただきたいと思う。そしてまたぜひ聴きに行きたい。
4/26(木)。夕方、村上プラザ内「にぼしまじん」で酸ラーメン。辛くて酸っぱくてうまい。塩町「小太喜屋」同様、ここの自家製麺を食べると、ああ小麦粉の麺を食べてるなあという気持ちになる。うまく言えないが、麺の存在感がかなり大きい。麺がうまいラーメン。ご店主いわく、しばらく休んでいた小多喜屋の営業を再開したとのこと。待ってました。

楽屋、静か。夜ふけころ、お客さんとよしだたくろう、荒井由実を聴く。荒井由実のデビューアルバム「ひこうき雲」でバックをつとめたのがキャラメルママだが、彼らの演奏を聴きたくて買ってみたら、荒井由実の歌も含めていいアルバムなんだと認識した。全曲荒井由実の自作というのが、今さらながらすごいと思う。

【本日の数枚】
Portrait In Music/Vladimir Shafrsnov
Djangology/Django Reinhardt
ライブ'73/よしだたくろう
ひこうき雲/荒井由実
4/21(土)。バッド・カンパニーというバンドのCDを初めて聴く。名前すら知らなかったが、70年代より活躍するロックバンドらしい。お客さんがそのバンドのCD探していると言うので、わたしが通信販売でCDを買うときによかったら一緒に取りましょうとなり、そのCDが届いて、そのお客さんと一緒に聴いたという次第。シンプルでかっこいいロックで、わたしも少しほしくなる。買うかどうかは未定。

4/22(日)。夏のような暑さとなった日。アンニャと自転車に乗って海を見に行く。村上マリーナで缶コーヒーを飲みながら、若者たちがルアー釣りを楽しむのをながめる。狙っていたのはヒラメだろうか。帰り、羽下ヶ渕の桜を見に行くと、当然のようにすっかり緑色になっていた。来年は楽屋花見をしてみたい。

三面川右岸から見たお城山と石亀。

6月に開かれる村上バル街のおつまみを決めなければならないので、あれこれ考えたが、結局前回と同じアボカドディップとコーンチップスにすることにした。気の利いた料理を常備する店ではないので、味と量とコストと出しやすさを考える必要があるこのバル街のおつまみを決めるのは、なかなかにむずかしい。

4/23(月)。昼、フリーペーパーmoca に連載している「音楽にかまけて」の原稿を書く。実は14日のライブに来てくれたTReSをネタにしようと思っていたら、2年前にすでに書いていたことが判明、ギリギリのところでダブりを回避する。気を取り直して再度ネタを考え、何とか夕方できあがり、ほっとする。

夜、静かな楽屋。マニアックな音楽を好むお客さん、遠方より来たる。キトミズクミレーバー、メスカリンドライブ、あがた森魚などを聴きながら、しばしロック談義。台風クラブというバンドを教えてもらう。調べたら聴いてみたくなり、レコードを1枚取り寄せた。

4/20(金)。農協の経営する地物直売所「よれっしゃこいっちゃ」に寄ると、ふきのとうが安く売られていたので、思わずひと袋購入する。刻んだふきのとうをごま油で炒めて塩味をつけて、炊き込みご飯に混ぜ込んでみたら、これがなかなかよかった。ふきのとうが少ないかなと思ったので炊き込みご飯と合わせてみたが、充分に存在感あり。今度は白いご飯で純正ふきのとう飯を作ってみたい。

花金とは思えないほどの静かな楽屋。ひと組のお客さんのうちのおひとりにスピーカーの出自をたずねられたので、三条のハセヒロオーディオで作ってもらった旨を伝えると、これがハセヒロのバックロードホーンなのか!と驚かれ、わたしも驚いた。ハセヒロオーディオを知っているお客さんというのは、6月にスピーカーを新調して以来、おそらく2、3人目だと思う。その方は4月に異動されてきて数回来ていただいているが、この小さいスピーカーだけで何で大きなスピーカーでなっているような音になるのかと疑問だったという。そう思ったことがなかったので、いろいろな感じ方があるのだなあと思う。しばし大音量での試聴会となる。

ハセヒロオーディオ UMU-191M【Jazz Audio Fan’s Only】のホームページ
【本日の数枚】
I Got It Bad And That Aint Good/Rob Madna
After Hours/Jeanne Lee & Mal Waldron
Candy/Lee Morgan
Impressions/John Coltrane
In Paris/Bud Powell

4/19(木)。塩漬けのわらび(塩抜き済)をご近所からいただいたので、しらたきやにんじんなどと一緒に炒め煮にする。もちろん今年のわらびではないが、シャキシャキ感も充分にあり、とてもうまい。恥ずかしい話、調理するまでぜんまいだと思っていた。

夜、楽屋が静か。ゆうこさんとおもしろく話していると、団体さんのご来店でにぎやかになる。木曜の夜だというのに、ありがたい。誰もいなくなって少しして、トシさんがおひとりでご来店。ふたたびおもしろく話す。

4/18(水)。米山隆一新潟県知事が辞職を表明。いっさい犯罪性もなく、かえって被害者の立場である米山氏がなぜ辞職しなければならないのかさっぱりわからないが、ゴシップ雑誌とほれた女に手を組まれ、醜聞を起こされ、それに屈してしまった格好になった。まんまとハニートラップにかかってしまったわけだ。不運としか言いようがない。就任してまだ1年半。活躍を期待していただけに、残念でならない。人のプライベートを暴露して喜ぶ人間の思考が理解できない。おかげでまた選挙をしなければならないが、知事選には9億5000万円もの金がかかると、テレビで誰かが言っていた。それこそ税金の無駄遣い。大迷惑な話だ。この金は、文藝春秋と女が出すべきだ。


4/17(火)。夕方、駅前のネパール料理店さくらダイニングではじめて飲む。今まではバターチキンカレーとナンを夕食にいただいてさっと失礼することしかなかったが、いつか休みの晩にカレー以外の一品料理で飲んでみたかった。サモサをくずして野菜などと盛り付け、スパイスの効いたヨーグルトをかけた料理、チャートマサラがうまい。極薄の豆せんべい、パパッドもつまみに最適。今回は赤ワインで通したので、ネパールのラム酒、ククリはまた次回のお楽しみ。きさくなご店主ビシヌさんに、मीठो छ (ミトツァ・=おいしい)というネパール語を教えてもらう。ツァが、ツァとチャの中間のような音でむずかしい。このまったく解読不能なネパール語の文字を、スラスラ書けるビシヌさんがかっこいい。

その後、有志5人がトークで合流。木馬にカクテルを飲みに行く。ずいぶん久しぶりだったが、マスターのシェーカーさばきは相変わらず素敵だった。どちらも卵白が入る、木馬カクテルとハワイがうまい。聞くと木馬ももうゆうに50年は経っているという。マスターいわく、むらさきはその10年くらい前からあるとのこと。わたしもまだまだがんばらねばと、身の引き締まる思い。
4/14(日)。早坂紗知(アルト&ソプラノサックス)、永田利樹(ベース)、RIO(バリトンサックス)の親子から成るトリオ、TReS(トレス)の楽屋ライブ。去年はRIOくんが米国へ武者修行に出かけていたので、2年ぶりの来演となる。また今年もオリジナリティーにあふれたど迫力ジャズを聴くことができて感激。紗知さんのサックス、利樹さんのベースもすごかったが、とくにRIOくんが素晴らしかった。米国での修行、渋さ知らズでの活動が、彼をさらにパワーアップさせたのだろう。6/12(火)には新潟のジャズフラッシュでもTReSのライブがある。客としてじっくり楽しみたい。

ライブ後、TReSのお三方も誘って、総勢10名でunderへ。第5回レコードパッチン。わたしは1時から1時間の時間をもらってレコードをまわした。今回のお題は「ライブ盤」。わたしの前の方が実に踊れる曲を次から次へとかけていたので、ガラリと雰囲気が変わってしまうなと不安になったが、だいたい考えていた通りの曲をまわす。いくらかの反応もあり、うれしかった。自分の好きな曲を大音量で聴けるのは、やはりいつも楽しい。

【本日の数枚】
Nimba/TReS+2
Straight to the core/早坂紗知&Stir Up

【レコードパッチン・ライブしばりリスト】
21世紀の精神異常者/King Crimson 
ドロボー/憂歌団
解决/崔健
暗い目をした女優/浅川マキ
Unsquare Dance/Dave Brubeck
What’s goin on/Ella Fitzgerald
Jailhouse Rock/Patti Smith
Highway Star/Deep Purple
Jealous Guy/Donny Hathaway
朝日楼/浅川マキⅡ
ガソリンアレイ/Rod Stewart
Medley(Mack the knife-Alabama Song-Back Door Man)/The Doors