まことに勝手ながら、本日2/10(日)〜2/22(金)の間、楽屋をお休みさせていただきます。何とぞご了承願います。

しばし雪国を脱出して、タイに行ってきます。ドイツ生まれの妻にならって、旅ではないバカンスというものを体感してきます。妻いわく、旅は移動するものであり、バカンスはあくまで休養目的で1ヶ所に滞在するものとのこと。日本人にはやや理解しにくい感覚ですが、10日ほどタイの小島で暮らしてみます。

電話は通じるかどうかわかりませんが、電子メールはチェックすることができますので、もしご用があればgakuya@me.comまでご連絡ください。

早いもので2018年もあと数時間で終わります。今年も多くのお客さんに来ていただき、誠にありがとうございます。来年も変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

新年は、毎年恒例になっております4日の伴田裕カルテットからの幕開けです。強力にお薦めのジャズライブですので、ぜひ聴きにいらして下さい。

大みそかの今晩は、これまた毎年恒例の大海ふるまいをさせていただきます。昨日大なべに大海を仕込みました。いつもの味に仕上がったと思います。お時間ありましたらぜひ味見にいらして下さい。

どうぞ良いお年をお迎えください。

12月2日(日)、3組3様のオムニバスライブ、「ギターギターギター」を開催します。おかげさまで今年で11回目を迎えます。第1回より毎年山形より来演くださる岡部さん、星野さん、井上さんに加え、今回はピアニストの宮林さんが初来演します。日曜版でもおなじみの、楽屋のハコバン的存在(と勝手に思っている)の村上ボッサクラブも、今年で2回目の出演です。今回はどんなセッションが飛び出すのか、どうぞご期待ください。
本日8月15日で、楽屋も18歳になります。これもひとえに、日々お寄りいただく皆さまのおかげです。厚く厚く御礼申し上げます。

19年目の楽屋も、気楽な空気感を保って、のんびり営業していきたいと思います。これからも皆さまの変わらぬごひいきをたまわりますよう、よろしくお願いいたします。

楽屋店主・青山将之
ありがたいことに、8月末から毎週のように楽屋生音日曜版が続きます。どうぞ聴きにいらして下さい。
8/26  大谷菊一郎(津軽三味線)
9/2 せいの正晃(ギター弾き語り)
9/9 村上個人囃子(アルトサックス)
9/16 佐藤三良(ウクレレ弾き語り)
9/23 村上ボッサクラブ(唄とギター、ベース、ドラムス)

なお、8/22(水)は、Kenyaさんによる楽屋生音水曜版もあります。安全地帯の曲をギターで弾き語ります。こちらもぜひご期待下さい。
新潟ジャズストリートなどに参加されている「裏窓」が、7月22日(日)楽屋に初めてやってきます。バンド名からわかるように、おもに浅川マキの曲々をカバーしている、マニアックなバンドです。独自のアレンジでカバーされる浅川マキ初期の名曲をお楽しみください。

6/19(火)、遠藤ミチロウさんが村上にやってきます。2010年の初来演から、すでに楽屋でおなじみのアーチストとなるミチロウさんですが、毎回大盛り上がりのライブを繰りひろげます。今年のミチロウさんにも、ぜひご期待ください。