2020年となりました。本年は楽屋を開店して20年という、ひとつの節目の年になります。あまりに時間の経つのが早く感じられて困ったものですが、これからも気負わずのんびりと店を開け続けたいと思っておりますので、皆様の変わらぬご愛顧をどうぞよろしくお願いいたします。

2020年の楽屋も、1月4日の伴田裕カルテットからの幕開けとさせていただきます。伴田裕(テナーサックス)、尾崎利彦(キーボード)、文河潤(ベース)、本間克範(ドラムス)という盤石のカルテットによる迫力満点のジャズを、今年もどうぞお楽しみください。

2019年もあとわずかになりました。今年も数多くの奏者に楽屋の日曜の夜を盛り上げていただき、厚く御礼申し上げます。その集大成として、今年も日曜版デラックスを開催する運びとなりました。今回は8組にご出演を快諾いただき、まる10年となる日曜版史上もっともボリュームのあるライブとなります。なかなかの長丁場ではありますが、多種多様な演奏が楽しめる機会ですので、皆さまどうぞお越し下さい。

今までは当日あみだくじで出演順を決めていましたが、今回は店主の独断で決めさせていただきました。以下のようなタイムスケジュールで進める予定ですので、よろしくお願いいたします。

12月22日(日)
18:00  開場(入場料500円・1杯付)
18:30ー18:55  NOAD(ギターボーカルのデュオ)
18:55–19:20  せいの正晃(ギター弾き語り)
19:20–19:45  瀬賀正(ギター弾き語り)
19:45–20:10  村上ボッサクラブ(ギターボーカル・ベース・ドラムスのトリオ)
(20分休憩)
20:30–20:55  佐藤三良(ウクレレ弾き語り)
20:55–21:20  Chicken Pocket(ギター弾き語り&二胡のデュオ)
21:20–21:45  大谷菊一郎(津軽三味線ソロ)
21:45–22:10  メイプルママ(クラシックギター&バイオリンのデュオ)

なお、アルトサックスソロの村上個人囃子こと菅原さんにもところどころで共演いただきますので、あわせてお楽しみください。
今年もまた8月15日がやってまいりました。戦争に敗れて74年が経ち、楽屋を開いて19年が経ちました。日々たくさんの方々から支えていただいているおかげで、今日から20年目の楽屋をスタートすることができます。楽屋を応援してくださる皆様に、厚く御礼申し上げます。今後とも変わらぬご愛顧を賜わりますよう、よろしくお願いいたします。

お暑うございます。早く秋にやってきてほしいと毎日願う店主ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

元祖ヒッピー弾キ語リスト、南正人さんが8月28日(水)、久しぶりに楽屋に来演します。あれはたしか楽屋を開いた翌年2001年の秋、ナミさんが初めて楽屋に来てくれてから早18年になろうとしております。ベテランシンガーのナミさんも今年で75歳。ますます元気にギター片手に全国を精力的に回って歌い続けています。楽屋ライブはおそらく5〜6年ぶりのこととなると思いますが、久しぶりのナミさんのブルースがとても楽しみです。今回は、辻村エリカさんと是非(ぜひ)さんというミュージシャンも一緒に来られて、それぞれのギター弾き語りを聴かせていただきます。ぜひこの機会をお聴き逃しなく!



7月14日(日)、村上教育情報センターで「人生フルーツ」の上映会があります。素敵な夫婦の日常をおった、心温まるドキュメンタリーです。 新潟シネウィンドでは何度も再上映されている人気作ですが、村上での上映はもちろん初めてのことで、この日限りの上映会です。13:30からと18:00から、2回上映いたします。ぜひこの貴重な機会をお見逃しなく。

なお、当日受付にて、楽屋のホームページを見たとおっしゃっていただければ、前売券はなくても前売料金1000円でご覧になることができます。皆様のお越しをお待ちしております。

会場:村上教育情報センター・視聴覚ホール
上映時間:①13:30〜15:00 ②18:00〜19:30
入場料:前売1000円/当日1300円
主催:映像から暮らしと環境を考える会
一昨夜、父が亡くなったため、6/26(水)27(木)とお休みさせていただきます。どうぞご了承ください。

たまに楽屋にこっそり飲みに来ていた父ですが、常連の皆さんにとてもよくしていただきました。おかげで父も楽屋を楽しめたようです。本当にありがとうございました。

6/28(金)より再開いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ジャズ・ピアニスト、ビル・エバンスのドキュメンタリー作品「ビル・エバンス タイム・リメンバード」が、新潟万代「シネ・ウィンド」にて上映されます。期間は、6月22日(土)〜7月5日(金)の2週間とのこと。ジャズ好きは必見の映画でしょう。わたしも時間を作って観に行きたいと思っております。

※1週目と2週目で上映時間が変わるので、要注意です。

6/22(土)〜6/28(金) ①10:00〜11:45 ②18:40〜20:15

6/29(土)〜7/5(金) 12:10〜13:45(7/5(金)のみ2回上映。②19:55〜21:30)

昨夜の地震で、皆様にご心配をおかけしておりますが、村上はとくに大きな問題はありません。どうかご安心いただければと思います。村上市内では、山北地区の揺れがひどかったようです。


昨夜の楽屋はお休みで、市内で飲み歩いておりましたところ、次の店に向かう道中に突然iPhoneが「大地震です!大地震です!」と叫び出し、その直後にグラグラッと揺れた気がします。気がするというのも、何せもはや酩酊状態にあったため、揺れをまともに感じることができなかったという体たらくです。


店のボトルが気になって今朝見に行って参りましたが、おかげさまでまったく何事もなかったような店内で、ほっとしました。運転代行にいつもいただくティッシュの箱を積み上げていたのが棚からひとつだけ落ちていて、やっぱり揺れたのだな再確認しました。


今日からも通常通り営業いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。


昨夜から今日にかけて、たくさんのメッセージやお電話をいただき、この場をお借りして感謝いたします。


2月は長いことお休みをいただき、おかげさまでゆっくり休養をとることができました。タイの小さな島で日ごと泳いで、すっかり日焼けをして帰ってきました。タイ語の独特な文字と日々にらめっこしていましたが、易々と覚えられるものではありません。覚えられないながらも、あのくるくるした文字を書くのが楽しく、タイ語の魅力に癒されました。

辞書では、

ติดต่อ tii too

(=連絡する)

สอบถาม soop thaam

(=問い合わせる)

という単語しか出てきません。

よくわかりませんが、このふたつの単語をあわせて、「Information=お問い合わせ」という意味になるようです。



3月9日に盛り上がったKon Takuo Modal Soulを皮切りに、これからジャズのライブを数ヶ月続けて開催する予定です。どうぞご期待ください。(時間、チケット料金など、ライブの詳細は「Schedule」をご確認ください。)


4月20日(土)

TReS

[早坂紗知(アルトサックス)RIO(バリトンサックス)永田利樹(ベース)]

★アルトサックス、バリトンサックス、ベースから成るジャズ・トリオ、TReS(トレス)の春恒例の楽屋ライブです。ど迫力のオリジナルジャズをお楽しみください。


5月14日(火)

Joshua Breakstone Trio

[ ジョシュア・ブレイクストーン(ギター)文河潤(ベース)本間克範(ドラムス)]

★米国のギタリスト、ジョシュア・ブレイクストーンさんが初来演します。新潟より強力なリズム隊を招いて、実に楽しみなギタートリオとなります。この貴重な機会をどうぞお聴き逃しなく。


6月8日(土)

Takashimada Takayuki Duo

[ 高島田孝之(キーボード)平林可蓮(テナーサックス)]

★昨年10月、楽屋に初来演していただいた名古屋のピアニスト、高島田孝之さんと、サキソフォニスト平林可蓮さんが今年もやってきます。スタンダードを中心とした正統派ジャズをお楽しみください。


6月20日(木)

Tenda Toru Trio Blauberg

[ 天田透(ソプラノ、アルト、バス、コントラバスフルート)文河潤(ベース)本間克範(ドラムス)]

★楽屋でもおなじみのフルート奏者、天田透さんの、新潟の文河さんと本間さんとのトリオBlaubergが、去年5月以来の来演です。巨大な4の字型フルート、コントラバスフルートによる吹奏は圧巻です。ぜひお聴き逃しなく。