「どこ?」に対する答え

5/26(水)。楽屋が初めてと思われる年配のお客さんに「君どこの人?」と聞かれ、「飯野です」と答えると、「飯野のどのあたりにいたの?」と少し妙な言い回しでさらに聞かれたので「桜ケ丘です」と答えた。「ふーん、そうなの」と会話は終わり、その方はまたテーブル席に着いた。楽屋によく寄ってくれるお客さんがご一緒だったので、てっきり地元の人かと思って答えたのだが、どうもちがったらしい。お帰りの際に名刺をいただいたが、とある全国組織の長で、まったくの旅の方だった。講演か何かで招かれたのだろうか、同席の皆さんが「先生、先生」と丁重に接していた。「君どこの人?」と聞かれたとき、「村上です」と答えるのが適当だったのかもしれないが、そんな大御所的な旅の方と非常にローカルな町内名とのギャップが何だかおかしくて、東京の飲み屋で「わたしは飯野桜ケ丘から来ました」と言ったみたいだなと、名刺をながめながらひとり苦笑した。【本日の1枚】Now's The Time/Charlie Parker

楽屋 GAKUYA

ジャズなどのレコードをまわしながら、 村上駅前でひっそりと営業してます。 席料なしの明朗会計。 夜中にコーヒー1杯でもお気軽にどうぞ。 Jazz, Blues, Soul, Bossa Nova, Folk, and Rock.