大栗田十里遠足

5/3(月)。連休の中日は毎年わりと静かなような気がするが、この日もそれほど大にぎわいとはならなかった。群馬よりちょくちょく来てくれるサクラマス釣りのお客さんに、今年のサクラマスの不漁を聞く。年々上がる数が少なくなってきているような気がする。翌日の朝が早いので、勝手ながら11時半でラストオーダーとさせていただき、12時半に帰宅。5/4(火)。村上野道クラブ主催の「大栗田十里遠足」に参加。毎年5月4日と11月3日に催される歩行距離42kmの遠足で、昨年11月に続いて2度目の42kmだったが、暑からず寒からずの最高の天気の中、非常に気持ちよく歩くことができた。この日の参加は約40名。朝6時に山辺里橋を出発して、おのおののペースで自由に歩く。坪根、山屋を通り、桃川峠を越えて関川村入り、蛇喰(じゃばみ)、中束(なかまるけ)、千刈(せんがり)を通り、田麦から山に入り、11時半田麦峠着、昼休憩。かよちゃん、アネリー、アンニャが田麦峠から合流、作ってきてくれた豪華弁当で疲労回復。大栗田集落に入り荒田橋で折り返し、門前川沿いを歩き、門前、鋳物師(いもじ)、下相川を通って、16時半すぎゴールの山辺里橋着。休憩も含めて所要時間約10時間。足の裏に水ぶくれができてしまったが、何とも言えない達成感に浸ることができる。何より楽しみだったのが打ち上げ。桜ケ丘「たき新」にて、今回は16名の参加で大いに盛り上がる。1杯目の生ビールのうまさたるや、まさに昇天寸前。旬の肴をつまみながら酒を酌み交わし、本日の労をねぎらった。一部の有志(と言っても3/4の9名)でCreamに行こうということになり、ジャンボタクシーを呼んでCreamへ。ブラック・ニッカで改めて乾杯。残っている記憶は多くないが、楽しい2次会となった。と思う。mieさん、いろいろとありがとうございました。さくちゃん、茶さん、たいへん失礼しました。なかなかお目にかかれないという座禅草。本当に座禅しているよう。毎回の昼食場所となる田麦峠。大栗田十里遠足は今回で38回目。昼飯を食べて再出発。アンニャたちはここからスタート。大栗田集落内の消火栓。ホースのつなぎ口が2段ある雪国仕様。新緑の中を流れる門前川。釣り心がかきたてられる。

楽屋 GAKUYA

ジャズなどのレコードをまわしながら、 村上駅前でひっそりと営業してます。 席料なしの明朗会計。 夜中にコーヒー1杯でもお気軽にどうぞ。 Jazz, Blues, Soul, Bossa Nova, Folk, and Rock.