酒田トライアスロン

6/19(土)20(日)。zappappaさんトガッちゃんとリレーチームを組んで、「みなと酒田トライアスロンおしんレース」に参加してきた。トガッちゃんがスイム1.5km、zappappaさんがバイク40km、わたしがラン10kmという組み合わせで、その名も「楽屋プログレ同盟」。村上から参加のほかの選手やチームは当日の早朝出てきたそうだが、わたしたちは前夜祭に重点を置いていたので、前日19日の昼に出発、鶴岡「大松庵」でそばを食べてから酒田入り。前日受付を済ませてコースを下見して、安くてうまい寿司屋「喰道楽」で前夜祭開催。喰道楽は居酒屋のような感じの寿司屋で、予約しないとなかなか席が取れない酒田の人気店。カワハギの肝和えが非常にうまく、菊勇(きくいさみ)のお燗がすすんで仕方ない。私満足という1500円の寿司の盛り合わせもボリューム満点でしかもうまい。俺満腹(2000円)というのもあるが、私満足で充分満足。「リバティ」に河岸をかえ、サッカーの日本対オランダ戦を観る。リバティは1982年からやっているという、住宅街にひっそりたたずむ隠れ家的なジャズバーだが、まさかサッカー観戦ができるとは思わなかった。残念ながら日本は負けたが、よくぞ1点に抑えましたと健闘をたたえながら宿に戻る。軽くビールで3次会をして、11時ころには就寝。したらしい。大会当日の朝、くもり時々どしゃ降りというまったく落ち着かない天気に参加意欲がやや失せるも、まだ半分酔った頭を抱えながら会場へ向かい、競技開始。スイムのトガッちゃんが好発進。スムーズにzappappaさんにアンクルバンドを渡し、zappappaさんのバイクがスタート。ところがこのあとどしゃ降りのピークとなり、バラバラうるさいテントの中で安否を気づかいながら、帰りを待つ。zappappaさんが無事帰還、どしゃ降りが続く中、わたしのスタートとなったが、走り始めて1~2kmのあたりで雨があがり、それから降ることはなかった。そんなこんなで何とか3人とも無事完走、会場で振る舞われたカレーライスをいただいて、備品の乏しい銭湯に入って、ハードオフで軽くレコードを漁り、道の駅あつみに寄って、村上に戻った。楽屋でアンニャが打ち上げの準備をしてくれており感激する。打ち上げも夜まで盛り上がり、非常に濃密な2日間が終了した。土曜日に楽屋を開けてくれた茶さん、アンニャ、そしてDJとしてアフロファンクをかけ続けてくれたタッキーくん、本当にありがとうございました。

楽屋 GAKUYA

ジャズなどのレコードをまわしながら、 村上駅前でひっそりと営業してます。 席料なしの明朗会計。 夜中にコーヒー1杯でもお気軽にどうぞ。 Jazz, Blues, Soul, Bossa Nova, Folk, and Rock.